土地の固定資産税を安くする方法

土地にかかる固定資産税は、更地にしているよりも居住用の家屋を建てた方が税率が低くなります。要するに住居用の家屋が建っている土地は、固定資産税が安くなるということです。住宅用の土地は建物の床面積ごとに固定資産税の課税標準税率が3分の1から6分の1に軽減される仕組みになっています。

住居用の宅地は200㎡以下の部分が小規模住宅用地になりますが、200㎡を超過すると一般住宅用地になります。固定資産税の税率を低くしたい時は、200㎡以下の小規模住宅用地に住宅を建てた方がいいでしょう。すぐに住宅を建てる予定のない土地を所有しているよりも、住居用の家屋が建っている方が土地にかかる固定資産税を安くすることができます。

一戸建て住宅以外にアパートやマンションなども200㎡以下の部分は、小規模住宅用地になるので課税標準の税率が6分の1に軽減されます。アパートやマンションは世帯の数が多ければ、軽減される敷地面積が広くなるメリットもあります。

住宅用地の固定資産税は、建物の床面積に応じて軽減措置を受けることができますが、管轄する市町村が手続をするので自己申請する必要はありません。土地の固定資産税を安くしたい時は、住宅を建てることが得策ですが、床面積や宅地の面積を検討することが大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>