戸建をお探しなら

千葉県市川市で戸建をお探しなら、豊友ハウジングにお任せ下さい。地域密着型の豊友ハウジングには、市川市を中心とした物件が多くありますので一度ご検討下さい。主にこの地域を拠点にして活動していますので、この地域周辺にお住まいの方で戸建をお探しの方には、きっと気に入った物件が見つかるでしょう。詳しくはhttp://www.hoyuu.com/で、確認して下さい。

社名の通り豊かな友の輪で広がって行き、確かな仕事もますます広まるでしょう。地域に密着していますので、その土地でしか得られない情報や物件が多く存在します。豊友ハウジングは若いスタッフも多く、購入する側に沿った物件を提供する事が出来ます。また需要が多いのはどんな物件なのか、知る事が出来ます。豊友ハウジングはアットホームな雰囲気が魅力ですから、その分打ち解けて相談出来るでしょう。

豊友ハウジングは、JR総武線の本八幡駅南口から歩いてすぐの好立地にあります。一戸建てを探している方、マンションを探している方、土地を探している方など、様々なニーズにお応え出来る様にしています。条件別に検索も出来ますので、必要な情報だけ見る事が出来ますので探しやすいでしょう。実際に購入された方も満足されている方が多いですので、気になる物件がきっと見つかるでしょう。

土地の固定資産税を安くする方法

土地にかかる固定資産税は、更地にしているよりも居住用の家屋を建てた方が税率が低くなります。要するに住居用の家屋が建っている土地は、固定資産税が安くなるということです。住宅用の土地は建物の床面積ごとに固定資産税の課税標準税率が3分の1から6分の1に軽減される仕組みになっています。

住居用の宅地は200㎡以下の部分が小規模住宅用地になりますが、200㎡を超過すると一般住宅用地になります。固定資産税の税率を低くしたい時は、200㎡以下の小規模住宅用地に住宅を建てた方がいいでしょう。すぐに住宅を建てる予定のない土地を所有しているよりも、住居用の家屋が建っている方が土地にかかる固定資産税を安くすることができます。

一戸建て住宅以外にアパートやマンションなども200㎡以下の部分は、小規模住宅用地になるので課税標準の税率が6分の1に軽減されます。アパートやマンションは世帯の数が多ければ、軽減される敷地面積が広くなるメリットもあります。

住宅用地の固定資産税は、建物の床面積に応じて軽減措置を受けることができますが、管轄する市町村が手続をするので自己申請する必要はありません。土地の固定資産税を安くしたい時は、住宅を建てることが得策ですが、床面積や宅地の面積を検討することが大切です。